松島屋支店


 トップページ  おすすめ商品  南会津の地酒  焼酎、ワイン  じゅうねん商品  リンク  ブログ


下郷町の観光

大内宿

江戸時代の面影が残る宿場町。
 大内宿は会津若松と日光今市を結ぶ街道、下野街道(または会津西街道、南山通り)の宿場でした。集落形成は明確には言えないが、江戸時代初期に散在していた村々を集め造られたといわれています。

 明治時代に阿賀川(大川)沿いに国道が開通すると下野街道は衰退してしまいましが、昭和42年大内集落の茅葺屋根に魅せられた武蔵野美術大学の学生が保存を訴え、昭和56年「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受け現在に至っています。
旧街道散策や手打ちそば体験など、いろいろ楽しめます。

・半夏まつり(7月2日)
・雪まつり(2月 第2土、日曜日)     

大内宿半夏まつり雪まつり
大内宿大内宿大内宿

塔のへつり   

百万年の歳月をかけて、凝灰岩が侵食と風化を繰り返してできた奇岩、断崖です。
春の藤の花、秋の紅葉などがとてもきれいです。

「国指定天然記念物」 「大川羽鳥県立公園」

塔のへつり塔のへつり塔のへつり

中山風穴

山肌のいたるところから冷風が吹き出します。(山の中に鍾乳洞があるのではないか?と言われているそうです。)
夏場に訪れると、冷蔵庫の中にでも入ったかのようです。風穴体験という建物がありますので、真夏に体験することをお勧めします。

「国指定天然記念物 中山風穴特殊植物群落」

風穴風穴

観音沼森林公園

沼のほとりに会津御蔵入三十三観音のひとつ、嶽観音堂がある。観音沼の水面に映る景色は神秘的です。
紅葉の季節はとくにおすすめです。
(雪景色もいいらしいです。「早朝の雪景色はとてもきれいだった」と地元のカメラマンが言ってました。)

観音沼観音沼

日暮滝(ひぐらしたき)

会津から江戸に向かう街道のひとつ松川通りの途中にあります(大峠を通り那須にぬける道(登山道)です)
高さは約40メートルと
15メートルの2段の滝ですが、道沿いからは下の滝は確認できません
会津の殿様が日が暮れるまで見ていたことから、名前がついたそうです。

湯野上温泉

大川沿いに点在する旅館、民宿。
小さな温泉街で、騒がしさとは無縁の静かな温泉郷です。

    
湯野上温泉観光組合

湯野上温泉駅

全国唯一の茅葺屋根の駅舎。
駅舎の中に入ると、待合室に囲炉裏がありお茶も飲めます。

湯野上温泉駅湯野上温泉駅湯野上温泉駅

その他 見どころ




地 図

イメージ 下郷町の位置

福島県会津地方南部

隣接自治体
会津若松市、南会津町、昭和村、会津美里町、天栄村、西郷村、栃木県那須塩原市
クリックで大きな地図へ 下郷町の地図

 地図を
 クリックすると
 大きな地図に
 なります。

アクセス

お車
東京方面から 東北自動車道 白河ICから
国道4号線を郡山方面へ
国道289号線を下郷方面に
約45キロです。
仙台方面から 磐越自動車道 会津若松ICから
国道121号・118号線を田島方面へ
約38キロです。
福島空港から 県道63号(空港アクセス道路)を、須賀川方面へ 国道118号線で、田島・下郷方面へ約70km
公共交通機関
東京方面から 東武鉄道 浅草駅より
鬼怒川温泉方面行きに乗り、
会津鬼怒川線・会津鉄道で
会津田島・会津若松方面へ
仙台方面から 郡山駅からJR磐越西線で会津若松まで
会津若松駅から
会津鉄道で会津田島・浅草方面へ
福島空港から シャトルバスで郡山駅まで、JR磐越西線で会津若松まで 
会津若松駅から
会津鉄道で会津田島・浅草方面へ




PHOTO GALLERY 1

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

イメージ 小泉前首相

6月3日会津訪問です。
イメージ 大内宿 雪景色。
半夏まつり

7月2日です。
イメージ 湯野上温泉駅

日本で唯一、茅葺屋根の
駅舎です。
イメージ
イメージ 塔のへつり

凝灰岩が侵食されて出来た
奇岩、断崖
イメージ 観音沼森林公園 

嶽観音

片栗の花

桑戸火地区の群生地です。
イメージ 猿楽台地そば畑

広大なそば畑です。
後ろは、三倉岳。
イメージ
イメージ 中山風穴

← 風穴体験施設です。→

真夏は気持ちいい。
イメージ

養鱒公園

マス釣り

ゴーカートもありますよ
イメージ 小泉前首相

もう一枚。
イメージ

トップページへ