松島屋支店


第1回 第2回 第3回

ここでは、日本酒について少し勉強したいと思います。

第3回 日本酒の用語、

ラベル

 今回は、日本酒でよく聞くけどよくわからない用語の紹介です。

生貯蔵酒、生一本、樽酒、生酒、生詰め酒、冷卸(ひやおろし)、原酒、などなどなどなど…

まだまだあります、無濾過酒、濁り酒、活性清酒などという商品名の勉強です。


ポイント1、まずは日本酒の製造工程の、加熱処理についてからです。

日本酒は、製造後商品になるまでに2度の加熱処理(加熱殺菌)が加えられます。

 1度目は、貯蔵される前。@
 2度目は、瓶詰め前。A

この熱処理(火入れの方法)が、名前に関係があるようです。

製造方法・加熱処理など 加熱処理@ 加熱処理A
生貯蔵酒 1度目の加熱処理をしないで貯蔵
2度目の加熱処理をして出荷したもの
生一本 単一の製造場のみで醸造した純米酒のこと
2度の加熱処理はするので生酒ではない
樽酒 木製の樽で貯蔵し、木香のついた清酒
2度の加熱処理はするので生酒ではない
生酒 加熱処理を一切行わないもの
冷卸(冷おろし) 1度目の加熱処理をして貯蔵
秋に2度目の加熱処理をしないで出荷したもの(生詰酒)
原酒 出来上がった酒に加水(※1)しないで出荷したもの
2度の加熱処理はするので生酒ではない

※1 加水
  出来上がった一般の酒は、アルコール度数を約16〜17度に水で調整し販売されています。
  原酒のアルコール度数は、16度後半〜20度ぐらいの物まであるようです。


製造方法・加熱処理など 加熱処理@ 加熱処理A
無濾過酒 活性炭素濾過(※2)をしていない酒
濁り酒 醪(もろみ)に残っている蒸米や麹を細かく砕き、目の粗い
布などで粗濾ししただけの白濁した酒。
2度の加熱処理はする
活性清酒 2度の加熱処理をしない濁り酒
酵母が生きており炭酸ガスを多く含んでいる

※2 活性炭素濾過
  滓引きをした清酒には、まだ微細な粒子などが含まれていいるので、濾過します。


南会津の地酒のページへ

トップページへ